短詩

短詩

短詩樹歌

すみません 君を愛しているけれど 米は洗って炊いてください       泡立てよ泡立て 白くなれシーツ ウタマロ武器に死闘す早朝       看板を産直マルシェとした八百屋 それでも私は 買わないけれど       区役所の書類を...
短詩

短詩華歌

美しさ、正しさ、自由を兼ね備え 生きてる人など 一人もいない       鴎外をいい男だと 思うよになり 不惑の歳迎えつつあり       南極のごとく冷えた店一人 とんこつしょうゆを 掻き込む女       通夜の場で スマホの...
短詩

短詩雨歌

 言葉を紡ぎたいわけも  想いを残したいわけもなく  単に誰かと  話したかった         PAINTの  中に隠れた   PAINの字  見つけた翌朝  右手が痛いよ        封印した蛇口を軽く  ひねったら  溢れ...
短詩

短詩晴歌

 晴天なり  今日から君を  愛することに  決めました        来ないなら  先に始めよう  さぁ、皆の衆  存分に楽しみたまえ        いざ  尋常に  君を  愛す        そんな気もないのに  そんなこと...
短詩

短詩想唄

  原稿用紙3枚に収まる   恋物語   罫線の中   飛ぶ術もなく         君に毎年   おなじことばを   言える   そんな幸せもある         君に恋しなくてよかった   切なさも   喜びさえも   感じず...
短詩

短詩心唄

待ち人をさがす   ショーウインドウの中   春よ   お前は今どこにいる?         牛丼屋にひとりで行ける   女にだけは   なりたくない   と思ってたのに         サボテンと   マリモ三匹   私ひとり ...
タイトルとURLをコピーしました