自由詩

自由詩

心のかたち

心にかたちがあったとし私のかたちがあったとし指紋のように角膜のように秘密の形があったとし それはどんなものでしょうか 心をきれいにリボンで包み店の棚に並べたら あなたはちゃんと間違わず私を選んでくれるでしょうか 私...
自由詩

歩く

歩みを止めてはいけない倒れてしまう 砂漠の中心でも氷の大陸でも決して足を止めてはいけない そうして歩き続けた身体中傷まみれでも死にたくても世界の終わりの場所で初めて気づく そんな馬鹿げた寓話いったい誰が言いだしたのか ...
自由詩

とってもだいすき

世界の音が煩くて世界の色が煩わしく私は押入れの隅に蹲っていた そこにしか私の居場所はなくしかし深い暗闇は私を歓迎してはくれず行き場をなくして震えてた 押し入れで寝起きできるドラえもんに憧れてどこでもドアでこの世のどこでもない世...
自由詩

高い声は嫌い耳が痛い 低い声は嫌い耳が怖い 大きな声は嫌い耳が壊れる 小さな声は嫌い耳が疲れる 世辞は嫌い耳が塞がる 悪口は嫌い耳が汚れる 世界中の音が嫌いなにもかもあらゆるもの騒がしい 君の声以...
自由詩

真実

心は死なないと生まれ変わるのだとあなたは泣き喚き痛みに身を捩る そんなわけないのにこの世界にそんなものあるわけないのに 私が冷たく落とした視線にあなたは怒り狂い恐怖に打ち震える そんなものない だってもしそんなもの...
自由詩

続く日

山に登り海を泳ぎ街を歩き評判の菓子を食べ夕飯を作りともに眠り朝起きてコーヒーを飲み撫子に水をやり愚痴を言い腹を立て口論し茶碗を投げ割れた茶碗を片付け夕飯はカップ麺撫子は萎れそしてまた眠る そうして毎日規則正しく地球は一回りを繰り返し...
自由詩

よかったと

あなたが死んでいてよかったと心の底から思うのです 今の世界をあなたが見たら優しく脆いあなたの心は狂って壊れてしまうでしょう 私は幸いあなたより心は鈍く強かだったみたいです あなたが死んでいてよかったと心の底から思うのです...
自由詩

解散

5人で輪になって指切った 卒業式の帰り道 一生一緒だと声を上げ別れた桜の雨の中 若い誓いは3月も保たずすぐに疎遠になったけど あの日の指の冷たさを今も私は忘れられない あなたたちは今どこで誰とどんな約束を交わ...
自由詩

途方無い

全人類の読むべき詩を書けと言われた そのなんと主語の大きなことか まず何語で書けばいいのか 何語なら全人類に伝わるのか 赤ん坊にはどう言えばいいのか喃語なら赤ん坊に伝わるのか 意識ない病人にはどう言えばいいの...
自由詩

ここにあり

空がここにあり雲がここにあり風がここにあり花がここにあり 君がここにいて 君には家族がいて 君には愛する人がいて 君を愛する人がいて 君には嫌いな人がいて その人も家族がいて愛する人がいて ただそ...
タイトルとURLをコピーしました