かむがたりうた

かむがたりうた

かむがたりうた 第零章「ヒミツ」

梭の手をやめ歌ふをきけば ——もつれた糸なら   ほどけもせうが   きれた糸ゆゑ   せんもなや。 ...
かむがたりうた

かむがたりうた 第壱章「ヒト」

倭は 国の真秀ろば    たたなづく 青垣 山籠れる 倭し麗し         「古事記」中巻・景行記 ...
かむがたりうた

かむがたりうた 第弐章「ハジマリ」

君が往き 日長くなりぬ 造木の           迎へを行かむ 待つには待たじ         「古...
かむがたりうた

かむがたりうた 第参章「イエ」

われと来て遊べや親のない雀         小林一茶 天井...
かむがたりうた

かむがたりうた Another 第壱章「セイギ」

すべての人に関心のあることなんてあるだろうか?だれにでも、世界のどこに住んでいる人にでも、あらゆる人間に関係あ...
かむがたりうた

かむがたりうた 第肆章「カイコウ」

「ねえ。賭けをやりませんか?」 「賭け?」 「ええ。金の賭けですよ」 顔が赤黒く染まり、手がすこし慄えてい...
かむがたりうた

かむがたりうた 第伍章「チカラ」

「人間は、正直でなければならない、と最近つくづく感じます。おろかな感想ですが、きのうも道を歩きながら、つくづくそ...
かむがたりうた

かむがたりうた 第序ノ壱章「エン」

雲雀は 天に翔る 高行くや          速総別 雀取らさね         「古事記」下巻・仁徳記 ...
かむがたりうた

かむがたりうた 第陸章「ヤマイ」

「ワタシハ ナント イフ フシアハセナ モノデセウ。ワタシノ セナカノ カラノ ナカニハ カナシミガ イツパイ...
かむがたりうた

かむがたりうた 第漆章「ヤドガエ」

 待つ身につらき夜半の置炬燵、それは戀ぞかし、吹風すゞしき夏の夕ぐれ、ひるの暑さを風呂に流して、身じまいの姿見...
タイトルとURLをコピーしました